デザインの要素を集めるときに必要な大事な視点。デザイン

タカヒロ

[voice icon=”/wp-content/uploads/2018/09/fdsfs.png” name=”タカヒロ” type=”l fb”]こんにちは、タカヒロです![/voice]

みなさん、サイト制作の際に
参考となる良いサイトやデザインをどのように集めていますか。

とりあえず自分が思い描くかっこいいや可愛いサイトを
ただ集めたりしていませんか。

今回はデザイン制作時に必ず行う、
デザインを調査する方法についてご紹介していきます。

ただ良いサイトを集めても意味がない

サイト制作時にはサイト調査は必ずと言ってもいいほど行いますよね。

でも、それではなぜ行うのでしょうか。
それは競合調査やその業界で流布しているサイト設計や見せ方というものがあり、
ユーザーはすでに無意識に頭の中で
「〇〇系のサイトだからこのようなUIかな」
「〇〇系のサイトだから〇〇みたいな機能があるだろう」
というような思考(メンタルモデル)が働いていたりします。

一からサイトの情報設計をするのは時間の無駄ですし、
不要でかつ流入するユーザーが使用しずらいと感じてしまうサイト構成となっているかもしれません。
そのためまず情報設計するために、サイトの競合調査は必要となりますね。

各要素ごとにデザインを集めると、制作時に大いに役立つ

私が言うデザインの要素とは具体的には、このようなものですね。

大きいものだと
・ヘッダーやフッター、各コンテンツ部分

小さいものだと
・ボタンやフォント、カラー、各要素のサイズ

要素ではないですか、
集める際にはこれらも注目してみるとより効果的です。
・文字の置き方
・フォントサイズ

この記事を書いた人

Takahiro

平日はIT企業で務める側で、フロントエンド開発を学習中。デザインやプログラミングに関することを呟いてます。