記事を書く時は、メモ帳が良いという話。

タカヒロ

記事を書く時に恥ずかしながら、wordpress上で書いていたわけですが、結構それって作業効率が悪いんですよね。今となってはメモ帳でゴリゴリ書いていくのが普通になっているのですが。

今回は、記事を書く時に、メモ帳で書くことによるメリットを紹介していきたいと思います。

結論:メモ帳ならライティングのみに集中できる。

CMS上で書いていた時、フォントやカラー、写真など様々な要素を考えながら書いていました。そのため、ライティングと装飾に思考が行ったり来たりしていました。一度止まってしまった思考は、リズムに乗るために時間がかかり結果としてまったく非生産的な時間を過ごすことになります。

そのため、1つの記事を書くだけで膨大な時間を割き、非効率なライティングとなっていました。反省です。こうやって成長していくんやと開き直ってます。

文字だけなので佼成しやすい

メモ帳で書いているとフォントサイズが小さいため、書いている文章全体を見渡すことができます。書いている文章が筋が通っている文章なのか、もしくは話が逸れていないかなど非常にチェックしやすくなった気がします。

また、前の文章に戻れるので書きながら思いついたアイデアを追加したり、修正したりとライティング自体の質が上がりました。

私が使用しているメモアプリは、Mac標準のメモ

記事を書く方の中にはEvernoteを使用される方が多い印象ですが、私は昔ながら使い慣れたmacのメモ帳十分やっています。

他のアプリは開かないように書くときは全画面にやはり書いていくときは勢いってのが大事だったするのでメモ帳アプリを大画面に開いた状態で書いています。

おわりに

これからブログをはじめてみようかなと思っている方には特にこれは伝えたいので、是非実践してみてください。初めに知っておくだけで全然違います。

では!!

この記事を書いた人

Takahiro

平日はIT企業で務める側で、フロントエンド開発を学習中。デザインやプログラミングに関することを呟いてます。