動画編集ソフトの種類と比較。Adobe premiere/Davinci resolve/Final Cut Pro

タカヒロ

一時的に映像制作をするだけなら、ソフト選びは使いやすいものでだったり、
無料や価格が安いソフトでいいかも知れません。

ですが、仕事で継続的に使用していくとなると
ソフト選びは本当に重要です!!

なぜなら業界での需要
ソフト自体の開発が止まってしまったり。

学習コストは馬鹿にならないので
自分の環境でどのソフトを学ぶべきなのか、
プライベートで使えるのが◯ですね。

結論はAdobe premiere

やはり名を知れた
Adobe premiere。

月額6,000弱でやや価格は高いですが、
illustratorやphotoshop、aftereffectとの連携が
スムーズにできるのは大きなメリットですね。

特にAdobeのソフトをすでに契約中の方
価格を抑える方法をまとめた記事
[kanren postid=”1610″]

無料で使えて、最近の流行りはDavinci resolve

最近、案件でもたまにあるのがこのソフト。

もともとフォトグラファー向けの会社が開発した後発のソフトですが、
UIをpremiereとファイナルカットプロに切り替えられる点など
後発ながら人気が徐々に出てきています。

なんと言っても無料

使用できるのは最大のメリットですね

https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

Final Cut Proは徐々に需要がなくなってきている。

mac OSのみ使用できるfinal cut proですが、
知り合いの方の情報によると、徐々に需要が無くなってきてるようです。

月額のAdobe premiereとは異なり、
買い切りで価格面でメリットはあるものの、
イラレやフォトショとの連携を考えると
premiereに軍配。

おわりに

すでにAdobeを契約している方であれば、Adobe premiere。
これから動画編集を本格的にやりたいけど価格は抑えたいという方であれば、
Davinci resolveという選択肢もあるかもしれません。

この記事を書いた人

Takahiro

平日はIT企業で務める側で、フロントエンド開発を学習中。デザインやプログラミングに関することを呟いてます。