カメラのキタムラで動画をDVDにダビング、焼きまししてきました!結婚式や会社のイベントにおすすめ

タカヒロ

[voice icon=”/wp-content/uploads/2018/09/fdsfs.png” name=”タカヒロ” type=”l fb”]こんにちは、たかひろです[/voice]

\先日友人から結婚式の動画を急に頼まれました/

InstagramにYoutubeに動画を投稿していた時期があり、
動画編集は高度なものでなければ
だいたい近しいものは作れる自信はあります。

結婚式やイベントでは放映する際に下記のやり取りはほぼ100%発生します。

[voice icon=”/wp-content/uploads/2018/09/fdsfs.png” name=”タカヒロ” type=”l fb”]メモリーカードやUSBで放映できますか?[/voice]

DVDプレイヤーしか対応してません。
HDMIやVGAは対応していません。

なんてことも、、

慣れていない私にとっては、データカードやPCから繋げてやりたいわけです。
でもよく会場ではDVDでお願いしますってことも度々あります。

そこで今回、動画作成頼まれてDVDに落とす必要があるけど

「どんな形式にすればいいの」

「どこでDVDにするのが楽なの」とか

素人の方向けに「DVD動画の形式から焼きましまで」解説していきたいと思います。

結論:DVDの焼きましが自宅で難しいなら「カメラのキタムラ」へ

容量の大きい動画の場合、書き込むまでに長い時間がかかり、うまくDVDに落とせないケースもあります。

慣れないことはお店に任せるのも一つの選択肢。そこで詳しく聞いてみるのもいいかもしれません。

カメラのキタムラってこんなとこ

普段カメラにあまり興味がないのでこのようなカメラ専門店に
行くことは全くありません。

ただ地元や日本全国にある系列店なので名前は知っています。

カメラのキタムラを改めて調べてみる

ホームページによるとこのようなことをしているらしい。

写真現像やカメラ・デジカメの販売、買取などはカメラのキタムラへ。あなたの大切なお写真の現像・保存・プリントも写真専門店カメラのキタムラにお任せ下さい。スマホも格安で販売中です。

写真の現像やプリントの印象はありましたが、最近では格安スマホも販売しているらしい。

さらにHPをみていくとスマホ教室もしているらしい。
このようなサービスを見ると思わぬところに需要があったり、
業界の隔たりがなくなっていることを感じます。

話が脱線してしまったところで本題に

DVDの焼きましは、ネットではなく店頭

ネットではDVDへ焼きまし依頼や注文はできません。
実店舗にて焼きましとなります。

[box class=”blue_box” title=””]

※VHSのような媒体からDVDへのデータ移行の場合ではインターネットにてダビングができます。

価格:2,000円 仕上がり:16日程度

[/box]

動画のサイズや容量によって時間がかかったりするようです。
また店舗にデータの持ち込む際は形式が決まっていますのでご注意ください。

受付しているデータ形式

MPEG2・MPEG4AVCHD・AVI・MOV・MP4

adobe premire proもしくはその他動画ソフトを使用している方の場合
AVCHDもしくはMPEG4だと大きく画質が落ちないためおすすめです。

価格・サイズ・仕上がり時間について

ホームページでは下記のように記載されておりますが、実際に店舗に行ってみると

最短翌日と書いてありました。

実際自分が平日にやってもらった時は昼にお願いして、夕方には完成していました。

店員さんの話によるとサイズが大きい場合だと数日かかる場合もあるとのこと。

[box class=”blue_box” title=”自分の動画サイズとかかった時間”]動画サイズ:537MB 長さ:約5分 [/box]

商品名 録画時間 料金 複製料金 仕上がり
DVDダビングプラス 60分 2,000円 1,400円 約10日
120分 2,800円 1,400円
120分 2,800円 1,400円
120分以降 60分ごと 1,500円 販売価格の半額
ブルーレイダビング 60分 3,800円 2,250円
120分 4,500円 2,250円
120分以降 60分ごと 2,500円 販売価格の半額

 

[aside type=”warning”]

ここで注意して欲しいのが、

ここではDVDダビング2,000円と記載しておりますが、
店頭では1,000円で記録媒体としてDVDで焼きましできます。

という案内をされる場合があります。
詳しい話は聞きませんでしたが、
その場合自宅やイベント会場にあるDVDプレイヤーにて再生ができないらしいので
注意が必要です。あくまで保存用とのことです。

[/aside]

実際の店頭でダビングの手続き

店頭にいく前に必ず書き込んだ動画ファイルの形式を必ず確認してください。

[box class=”blue_box” title=”対応形式”]MPEG2・MPEG4AVCHD・AVI・MOV・MP4[/box]

また記録媒体については、メモリーカードがおすすめです。

店頭に着いたらとりあえず店員さんに聞くのが無難

PCでの操作でダビングの手続きを行うのですが、
特定の端末のみ対応しており、ややわかりにくいので

慣れていない方の場合はすぐに店員さんに聞くのがおすすめです。

そこで端末操作を手順通りに行い、店員さんを呼ぶもしくは、レジに向かいます。

↓こんな端末

すると手続き完了の証明書を発行してくれるので、受け取り期日と時間を聞いて無事完了です。

またカメラのキタムラではLINE Payとpaypayにも対応しているので
そちらで決済するのもお得かもしれません。

受け取り時ではしっかりとDVDケースに入っている

立派なケースに入っていました。

   

[voice icon=”/wp-content/uploads/2018/09/fdsfs.png” name=”タカヒロ” type=”l fb”]表面にかっこいい表紙でもつけたら映画のDVDっぽくなりそう[/voice]

DVDにダビングできる他店舗・サービス一覧

カメラのキタムラの他にもDVDにダビングできるサービスがありましたので参考までに記載しますね!

価格帯や納期もやや異なるようなので自分の用途に合ったサービスを選んでみるのはありかもしれません。

最後に

ここまでカメラのキタムラで作成した動画を
DVDにダビングする方法を紹介してきました。

学生では新入生歓迎会から卒業パーティー、飲み会のイベント、
社会人になると結婚式や会社の送別会・パーティー、
さらには仕事で動画作成することがあるかもしれません。

急にDVDにダビングしたい、と思ったそんな時、
参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考までにお近くのカメラのキタムラの店舗一覧を載せておきます。

カメラのキタムラ 店舗情報

この記事を書いた人

Takahiro

平日はIT企業で務める側で、フロントエンド開発を学習中。デザインやプログラミングに関することを呟いてます。