【デザイナー向け】プログラミングを始めるならProcessingから始めるのがいい

タカヒロ

web系の企業で働いている方は感じているかもしれませんが、
どの職種の人もプロフェッショナルでありつつ、
他職種についても理解が求められるようになりました。

例えば、デザイナーはフロントエンジニアの実装・実現範囲を把握していなければ、
実現不可能なデザイン設計をしてしまうかもしれません。

またエンジニアが実装する際にもデザイナーの視点がなければ、
ユーザーにとって最適な同線やデザインとかけ離れたものを
実装してしまうこともあるかもしれません。

また近年では実装できるデザイナーの需要が増えていますが、

「どうしても実装は苦手、、、」
「私の分野ではない」
「プログラミングなんて」
と思う方も、

私がノンプログラマーからプログラミングを克服した方法をご紹介します。

結論:Processingをやってみよう

なにそれと思った方もいるかもしれませんね。

簡単にいうと

「難しい環境構築やエラーでつまずくことなく、
簡単に書いたコードをビジュアル表現できる言語」です。

私もこの言語からプログラミングを脱することができました。

なぜProcessingをお勧めするのか。

コーディング初心者が書きやすいのはもちろんのこと、
参考サイトがたくさんあります。

そもままコピペしても、
1日しっかりと変数や基本的な書き方を覚えさえすれば

徐々に表現の幅は広がっていきます。

サンプルとしてこちらに貼っておきますね。

Processingのはじめ方についてはこちらに書いてあります。
もし興味があったらチェックしてみてくださいね。

[kanren postid=”1524″]

この記事を書いた人

Takahiro

平日はIT企業で務める側で、フロントエンド開発を学習中。デザインやプログラミングに関することを呟いてます。